つきの徒然

アセクシャルな人間の日々の雑記

おかえり、おむすびちゃん

お腹は空いてるのに何かを作る気力になれなかったので、さっき仕事帰りにコンビニに寄りました。
私の通勤経路にはローソン、ナチュラルローソンファミリーマートセブンイレブンの4店舗があり、非常に充実したコンビニライフを送っているわけなのですが、今日はグミを買いたいだけだったのでちょうど行く気分になった時にあったセブンイレブンに入りました。

 セブンイレブンには、私が一番おいしいと思っているおむすびがあります。

f:id:tskmrso:20190618203044p:image【五穀ごはんおむすび ゆず明太子】です。
いつもなら「おむすびって言葉、ほんとうにかわいいですよね!日本語の奇跡!」みたいなことで脱線しながら2000文字くらい書くのですが、今日は冷静にこのおむすびのここまでの流れの考察・意見を申したいので、書きません。
おむすびという言葉のかわいさにつては、いつかまたおむすびの話を書く時まで楽しみにしておいてください。楽しみになるかなぁ?楽しいのは私だけかもしれないね。

 

ここからはすべて憶測で話すので、違ったなら「こいつ間違えてんのにこんなに語っちゃって、恥ずかしいやつ〜〜ww」くらいの感じできいていただけると助かるのですが、このおむすび、数ヶ月前に新登場して一度姿を変え、再び元の姿に戻ったおむすびなのです。おそらく。たぶんそう。
このおむすびはセブンイレブンの「商品」なのでね、このおむすびのような道をたどる「商品」はどのブランドにもあるとは思うのだけれども、私がこれまでの人生で唯一「商品である」ことに気がついたおむすびだったので、話したくなってしまったのです。ちょっと聞いてもらえるとうれしいです。

 

正確には覚えていませんが、おそらく今年の4月からこっちのどこかで、このおむすびはこの形で「新商品」として発売されました。
私は白米も好きですが、雑穀も好き、さらにはプチプチしたものも好き、極め付けはゆず明太子が明太子界でいちばん好きな人間なのです。当然このおむすびが店頭に出た日に買い、そこから毎日毎日このおむすびとともに仕事に励んでいました。

このおむすび、とっってもおいしいんですよ。
プチプチ感がけっこう強くて、お米の量に対して満足度の高いプチプチ感が楽しめるのと、お米の味に対して程よい量の明太子が入っているので、海苔のないおむすびにしては135円と割高に思われるかもしれませんが、おいしさにたいへん満足できるおむすびなのです。個人的には毎朝5個くらい食べたい気持ちでいます。

 

さて、ここ最近セブンイレブンをご利用になった方ならお分かりになるかと思うのですが、先週まで朝限定で「お好きなおにぎり2個で200円セール」が開催されていました。都内の話ですけどね。

このセールの数週間前、この商品は、ビニールを破るだけで簡単に食べられる手頃なおむすびから、真ん中を割いて海苔が破れないように気をつけながら引っ張って食べなきゃいけない海苔付きのおにぎりになりました。
ある朝行ったら突然です。前日までかわいいおむすびだったのに、急に大人のおにぎりになってるんですよ。お値段も150円くらいになっていたと思います。びっくりもびっくりですよね。
その日の私は「海苔付きになっただけのおむすびちゃんに、150円は払えない〜」と思ってしまい、購入を諦めました。で、諦めてしばらく経ったら200円セールが始まって、また毎朝爆買い。このおむすびを2個買う日もありました。
しかしながらそんなハッピーな毎朝も先週末で終わってしまい、15日からはまた食べられなくなるんだなぁと肩を落としていたわけです。

が、先ほどセブンイレブンに入った時になんとなく見たおにぎりの棚に、私は見つけてしまったのです。大好きなあの子を!!

海苔がはがれてまたかわいいおむすびちゃんが、そこにはいたのです!!!!

 

うれしさのあまり興奮してしまいましたが、これ、すごくないですか?

ちなみに初めてこのおむすびが新商品として出てきた時、同じく【五穀ごはんおむすびシリーズ】として【梅おかか】も出ており、全く同じようにセール前のタイミングで海苔付きおにぎりになりました。しかしながらこちらは今回、おにぎりのラインナップから消えてしまいました。おそらく【ゆず明太子】に比べて売り上げが悪かったのでしょう……。おいしかったですけどね。でも確かに200円セールでもそんなに買わなかったかな。

で、です。
単純に【梅おかか】に比べて【ゆず明太子】の方が売り上げがよかっただけだと、ゆず明太子は海苔付きとして生き残っているはずです。でも、今回このおむすびは元の海苔のない「おむすびシリーズ」として帰ってきた。
とすると、海苔付きになった途端にゆず明太子おむすび自体の売り上げがガクンと下がってしまったのでは?と考えられます。でも、海苔付きでも多少売り上げが下がったとはいえ、無くしてしまうには惜しいほどの売り上げを、もしくは他のレギュラーおにぎりとタメを張れるくらいの売り上げは叩き出せる。
じゃあいちばん反応がよかった【おむすびシリーズ】に戻せば俺らの勝ちじゃん!!てなことでおむすびちゃんになって帰ってきたんじゃないでしょうか。

 

えー、言いたかったのはここまでなのでもう満足なんですけど、
もしこの考察が正しかったとすると、あの200円セールって、ひょっとしたらこの五穀ごはんおむすびシリーズの生き残りをかけた戦いだったのでは?と思うのです。

おそらく私みたいな買い方をしている人が結構いたんじゃないでしょうか。
おむすびちゃんの時は買ったけど、おにぎりになってちょっとお手軽さがなくなってしまい購入を控えていたところに、200円セールが始まって「このタイミングを逃すともうこのおにぎりを食べることはないかもしれない!」と思ったお客さんたちがこぞって購入、その結果、消費者にもセブンイレブンにもいちばんいい形の【おむすびシリーズ】として帰ってきた。

この読み完璧じゃないですか?
割とこの通りなんじゃないかと思っているのですが、いかがでしょう。ちょっと自意識過剰?笑

 

でもね、もしこの通りだったら私はこれからこのゆず明太子おむすびちゃんをずっと買ってあげなきゃいけないわけです。せっかく帰ってきてくれたんだもの。
セブンイレブンに「私たちは、このおむすびちゃんを待っていました!!ありがとう!!」という想いを示さないと、セブンイレブンは今度こそゆず明太子を【商品】として店頭から排除してしまうでしょう。

突然大人になったおむすびちゃんを見たあの朝の悲しみを、もう二度と経験したくはないですからね。私のお財布には厳しい生活になりますが、あのおむすびちゃんを守るためには仕方のないこと。

 

明日もまた、【五穀ごはんおむすび ゆず明太子】とともにお仕事をがんばります。