つきの徒然

アセクシャルな人間の日々の雑記

久しぶりに好きな音に会ったので -THE FIRST TAKE-

www.youtube.com

 

私の大好きなTHE FIRST TAKEに大好きな歌声のsumikaが登場。
好きな音しかなかったので、いつぞやの『言の葉の庭』実況と同じように書いていきます。

 

01:07 この、水風船を抱えてそうな手の形。超好き。立ち姿がかなり好き。

01:10 ただのフェチですが、ベースノイズがなくなって急に無音になるその瞬間が好きです。しかもこれちゃんと整音してきれいに素早いフェードがかけられているので、すごく私の好きな音の消え方をしますね。

01:18 「迎えにゆこう」の「え」の奥でノイズが鳴るのが、人間味のある音になっていて一発録りの音なんだな、と感じさせますね。ほのかなノイズで良き。

01:20 立ち姿超好き。たまらん。多分、マイク・ポップガード・人って並びで見えてるのがめちゃめちゃに好きなんだと思います。仕事でずっと、この並びでマイクに向かう人たちを見続けてきたからかもしれませんね。パブロフの犬みたいに、この並びを見るだけで「ああ、私音のこと大好きなんだよな」ってほかほかした気持ちになるので。よくわからない人は好きな人が穏やかな顔でスヤスヤ寝ているのを隣で見つめている時の気持ちを想像してください。それと同じ気持ちです。

01:22 「雨も虹も」の「あめ」の音が他の音よりもまっすぐに聞こえて好き。

01:24 「虹も」の「も」を歌った時の目線が好き。これが昨日のstand.fmで話した、「私がスピーカーから飛んでくる音を視覚で捉えて追いかける時の目に似ている」と言っていた視線です。本当のところどうかは知りませんが、視線の先の壁とか人を見ているのではなく、その間の空間の空気を見ているように感じる目ですね。私が音を追う時も、もちろん音は空気の揺れなので追うのは空気です。焦点は目の前の物体より全然手前。

01:26 これも昨日話していましたが、「今から全て」の「か」で、上体を後ろに引くところがもうとんでもなく好きです。引いた方が音が出やすいのかもしれないし、音圧的なことを意識してるのかもしれないし、どうして片岡さんがそうやって歌っているのかは分かりかねますが、もしMIXにおいて音量調整が特にされていないのであれば、この上体を引いたことで絶妙な音圧で音がマイクに入っているので、ここまで聞いたどんな音よりもきれいに澄んで聞こえますね。最高。ここだけエンドレスリピートでも構わない。で、この音が他の音と違って聞こえるもう一つの理由が、音が引いているから(感覚)という点です。それまでの音はほとんどが前に押し出された音ですが、「か」は上体を引いていることもあって音の形が変わります。それまでが丸い球だったとしたら、これは全面が赤血球のように丸く凹んでいるような形で。それがまたいいですよね。自分で「か」の部分で上体を引きながら歌ってみるとその丸い凹みがわかると思います。たまらんすぎ。好き。

01:27 「今から全て」の「ら全て」部分の目線が色気あって好きです。エロい。この時の片岡さんがどういう気持ちでこの目をしたかは知りませんが、音を触ったり出したりしながらこの目をする人や、声を出しながらこの目でマイクを見る人を見るとドキドキします。たまにいる。見てるわけじゃないし別に視覚で何を捉えようとしているわけでもない、ただ音を感じている目(勝手にそうだと思ってる)が死ぬほど好き。ちなみにこの目でだれかを見る人のことは、怖くて苦手です。人が人に好意を持って見つめる視線は感情が見えすぎて超絶嫌いなので。だから人のこと好きになれないのかもしれない。

01:31 「迎えにゆくよ」の「くよ」の時の目。好きな目や音がありすぎて全然進みませんね。特に「く」は、目の前にある机に丁寧に音の球をおいているような雰囲気の音で、かなり好きです。机というか、五線譜というか。ふわっすとん、と置くような感じの音。

01:34 この手の動きと同じ形で、伸ばしていた音が消えるのがすごい。少し膨らんですっと消える音。片岡さん、音の魔術師か何かなのかなって思えるくらい、手と音が同じ。

01:45 「暗い暗い」の最初の「く」が、ドレミに乗り切らない音をしているのだけれども、口からじゃなくて喉仏の少し下、鎖骨の間の窪みより少し上から出てきたような音をしているのがとても好きです。次の「らい」とは1オクターブ差があるので、その助走のような音な訳だけれども私は助走になってる音がだいたいなんでも好きで、そこにすごくその人らしさだったり魅力が出ると思っています。セリフとかでも、そういう助走的な音の方が好きです。

01:46 「暗い暗い暗い」のこの降りてくる音でやさしいふんわりとした、風船っぽいボールができるのがかなり気持ちがいいです。「暗い暗い暗い」で一旦くびれて、「部屋を作って」で筒ができて風船が閉じられるような感じ。伝わる気がしないですね。

01:50 「気づかない」の「き」がさっきの助走音論に則っていて好きな音です。

01:53 「心は痛まない」が「こころ”o””wa”いたまない」となっていて、このoとwがかなり好きな低音をしていてたまりません。まあ低音を出してるから当たり前ですが、声帯の下の方が震える音が私は好きなんでしょうね。さっきの鎖骨の間の窪みより少し上、というのはこの声帯の下の部分ってことだと思います。声帯の勉強はしたことがないのでわかりませんが。ちなみに私は自分で首を掴みながらちょっと音程低めの歌を歌うのが好きです。低い音の時の大胆な振動が気持ちがいいので。(急な性癖暴露)

01:54 「痛まない」の「い」が切れる時の音が最高。この音が人間になって出てきたら、相当魅力のあるクズじゃないでしょうか。私はきっとその人のことを大好きになると思います。泣かされてもいいです。(???)

01:57 目。マジでこの目、心がズクン。。。としません?何なの?好きです。

02:01 「他ならぬ僕と」の「と」の後の息継ぎで喉が鳴ってる音が好きです。これは前職時代はナレーションやセリフでは完全に抜いてしまう音ですが、抜いてしまう音=余計な人間味が強くなる音、と私は解釈していたので、歌でこの音が聞こえると「ああ、人の声の音だ」と感じることができて胸がキュッとなります。愛おしい音です。

02:04 「僕の手だ」の部分で体が少しずつ後ろに下がっていって、反対に手は前に伸びますね。好きです。音のイメージが完全に姿勢と手の形で表されてるのがすごいなと思います。私に見えてる片岡さんの音もそんな感じの形です。

02:07 「知らなけりゃ良いこと」の「こ」だけ口の奥の方に音を追いやってる音がしますね。好きです。kの音が前に出過ぎないようにしてるのかと思いましたが、他の部分はそうでもなかったのでこの「こ」だけっぽいです。これもただの性癖の暴露になるんですけど、人の顔の表面の皮膚や筋肉が透けて、歌っている時の口や歯、舌の動きが見えるようになったら良いのにな、と常々思っています。そうしたらその人から出てくる音だけじゃなくて身体で音が作られるところから見ることができるんですよ?最高じゃないですか?声帯なんかの研究で、発生時の声帯や口の形を写したMRIの画像がありますが、これはリアルタイムじゃないのであまり魅力は感じません。私はリアルタイムにその音がその身体からどのようにして作られ、どんな形で外に出てきて、どんな感触をしているのかを知りたいのです。顔の表面を透けさせることさえできれば知ることができるのに・・・。

02:08 「良いことだと逃げるのは」の「ことだとに」の部分、全部目線が違いますね。好き。何見てるんだろう。

02:10 「逃げるのはもうやめ」の「め」、これは上体を引いて歌うアレなので当たり前のように好きです。最高。そして「め」の後の一瞬目が開くんですが、この目も最高です。は〜〜〜好き。というか「知らなけりゃ良いことだと 逃げるのはもうやめ」の部分、全部好き。はあ?好き。キレそう。好き。この部分の目が擬人化したら私はベタベタに惚れるな、絶対。私のことなんか絶対に見ない人なんだろうな。良いな。好きです。

 

ちょっと待って、全然進まん。

 

02:12 ここしばらく立ち姿が映るんですが、この時の片岡さんの抱えてる水風船が欲しいです。水風船というか、抱えてる空気のクッションがすごくきれいな形をしている気がします。

 

待って〜〜〜〜〜〜良い音と視線を探してたらうっかり先々まで聞いちゃって胸がギュンギュンしてもう何も言葉が出てこない。好き好きの好き。もちろん片岡さんの顔も普通に好きで「顔ファンかよ!!!」って言われても何も言い逃れできないくらいには顔ファンでもありますが、なんかこのTHE FIRST TAKE観てたらこの動画に映っているもの全てが愛おしくなりますね。頭おかしくなりそう。愛おしい。片岡さんが、ということではなく、この動画で音を出しているもの全てが。こう見ると、人間って楽器なんだなぁとより強く思いますね。すぐこうやって人間から感情を除外しようとしますね。人を人形とか楽器とか思うのはもう、癖です。頭痛くなってきたな。

 

02:16 「飲み干したら」の後の息継ぎ。かわいい音がしますね。好き。

20:20 「ああ夜を越えて」の「ああ」。やばくないですか。音の出だしから消えるところまで全てが完璧。好みの音。やばい。ただでさえ無い語彙が消滅。やばいこれは。好き。たまらん。「wああuo」みたいな感じで音が聴こえていますが、このwはその前の「自分だろう」の名残、「uo」は「ああ」の音を切る時の形でそういう風に聴こえるんだと思いますが、もうその全てがこの完璧な音を作り出す要素となっていて、たまらんどころの話じゃないです。事件。これはもう事件。私の心が全部持っていかれました。ルパンもびっくりするレベルで心奪われましたね。この「ああ」を私はおじさまと呼ばせていただきます。ずっと聴いてたいしなんならこの音と結婚したい。

02:23 「闇を抜けて迎えにゆこう」の目。はあ〜。もう〜好き〜しんど〜。確かにこの目に迎えにきてほしい。即落ち。

02:31 「悩む森も」のp「なや」がここまでで一番きれいな丸ですね。多分一番口の中が開いたんでしょうね。美しい丸。「や」はちょっと音を奥に引いてますね。それも良い。ちょっと笑って歌ってるように感じられるのもまた、最高ポイント。

02:34 「厭わない」の「わ」でがっつり上体引くのがもう、もう、もうもうもうもう大好きです!!!!!!!!!!ここは音がとかじゃなくて上体引いてる片岡さんが好きです!!!!!!!!!!ここ嫌いな人いるの?絶対いないでしょ。みんな好きでしょ。私も好き。手も若干開くんですよね。たまらんすぎ。無理。好きです。あー好き。

02:40 「毒を飲んでさ」の「さ」の時の目。えっっrrrrrrrrrrrrrろい。もうさっきの「わ」で一旦「片岡さん好き好きモード」に入っているのでしばらく音以前に片岡さんの顔が好き、みたいな状態になっていますが、もちろん音も好きです。でもここはこのエロい目線と顔が好きです。殺す気ですかね。あーーーーーーこの目を見られる彼女や奥さんが羨ましいですね。見下ろされたい目。でも私、この目をする人でまともに恋人のことを大事にする人に会ったことがありません。片岡さんがドクズなら超絶最高ですね。

 

興奮が冷めないので一旦好きな目線部分全部書きます。書き切ってまた戻って好きな音部分を書きます。あと今カットパインを食べ始めてしまったのでもぐもぐ音で音が聴こえないっていうのも原因です。

 

02:42 「夜を越えて」の「る」で瞬きしたあとから伏し目がちになりますが、この目も良いですね。

02:44 「闇を抜けて」の「やみ」は完全に焦点が空気ですね。虚ろな感じで最高。下手したらこれが一番好きかもしれない。

02:53 「目背けずに」の直後にカットが変わりますが、これなんであと数コマ早くカット切り替えてくれなかったんですかね。これ直前ちょっと笑顔ですよね?だからカット切り替わったところで若干笑顔成分が残ってて、「今から」と歌うために息継ぎするところの直前がめちゃめちゃ素敵なお顔な訳ですよ。絶対に笑顔だった。「背けずに」の「に」の音が笑顔な音だもの。

02:56 マイクになりたい。

03:10 虚空を見つめる目。

03:12 「ぬかるむ足元」の「と」の時の目やばない???????あ〜辛くなってきましたね。最高の過剰摂取はそれはそれで良くないんですね。用法用量を守らなきゃいけないんだな。(こうやって分解しなければ良いだけでは??)

03:33 ここから03:40までお祭りですね。もはや片岡さんの目になりたい。03:34の「迎えにゆこう」の「え」で顔を横に逸らしますよね。私、怒鳴ってる人が時々いずれかの一音で顔を逸らすのが好きで、目の前の上司がブチギレてて超怖くて泣かされていた時も「あれ見れたし良いや〜」と思えるほどハッピーな脳みそをしてるのですが、この03:34の目そらしから片岡さんもブチギレたら「なんでこんなことも分かんねぇんだよ!!!」の「なん」で顔を振るのかもなぁ、とか思って興奮しました。社会人一年目の時に私にブチギレてたのが、好みの顔の上司でよかったなとつくづく思います。これ嫌いな顔の人だったらただのトラウマですからね。元上司、ありがとう。

03:36 「傷の海も」の「きず」の部分でちょっと苦しい目になるのも良いですね。「も」の目線はエロいし最高。辛い。

 

ちょっと待って、キリがないしお前なに書いとんねん、みたいな気持ちになったので音の話に戻します。カットパインも食べ終わったので、02:40に戻りましょう。

 

02:45 「闇を抜けて」の後の息継ぎで音がなりますね。良いですね。まあその前もなってますがこっちの方がいい音で鳴ってます。この後の「迎えにゆこう」の「む」もかなりきれいな形だなと思います。小さめのきれいな丸。

02:51 「目背けずに」の「め」が結構控えめですが、この音も美しいです。好き。まっすぐな音をしています。

02:54 「今瞬きを」の「いま」が、そのあとに上体を引いてだす「ま」のための助走的な感じになっていますが、そのせいもあってかすごく前に、遠くにすぽーんと飛んでいく気持ちの良い音になっていますよね。最高。その後の「瞬きを」の音も超絶好きだけど、「いま」の混じりっけのない純粋な音の方が私はより好きです。

02:57 「繰り返すのさ」の「くり」良すぎでは??????「くurり」って感じに聴こえて、この"u"と"r"の音を感じられるのがなんとも。

03:03 ここからの手の動きがかわいすぎ。

03:05 「雨降らす雲」の「あめ」の部分。低いところの音でイヤホン越しでも鼓膜が十分ぶるぶる震える感じがしてフェチです。やばい。この音は特に最高。

03:10 「目を打つは痛み」と「ぬかるむ足元は」の「み(息継ぎ)ぬ」の音全てが最強。「み」の切り方も上に上がってきて生きてる感じがする上に、息継ぎでさらに人間味が増して、リバーブ(響き)でまだ「み」の音が残ってるところに「ぬ」の低音が乗っかってくる感じがして、もう超きれい。強い。

03:12 「ぬかるむ足元」の「と」が、この後の巻き舌連発の予感を含んでいてとても好きです。

03:28 「ああ夜を越えて」の「ああ」。またそこかよと思われるかもしれませんが本当に本当にここが好きすぎて頭が痛いです。音の響き、音程、空気感、全てが好き。

03:38 「傷の海も」の後の息継ぎ。ぐるるって鳴るの本当に好きなんだよなぁ。このくらいの声域の男性から鳴るこのぐるぐる音が一番私は好きです。女性も鳴るけどぐるぐるが低すぎて声と馴染まないし、男性で低すぎる人のぐるぐるは怪獣みたいな印象なのであまり好きではありません。ちょうど歌ってる片岡さんのこのぐるぐるが一番好みの音です。

03:41 「悩む森も」の最後の「も」は、他の音とは違う雰囲気がありますね。なんだろう。ポンって投げられる感じの音だからかな?あどけない音で可愛い。

03:43 数ある「厭わない」の「わ」の上体反らしですが、ここのが一番好きです。この一瞬をスクショしてプリントして飾りたいくらい好きです。音は他の「わ」以上にマイクのベストポジションから外れているので一番弱い音になっていますが、その芯を外れた音すらも愛おしいですね。

03:44 「厭わない」の最後の「い」、これの切れる時の音の鳴り方が最高。空気の切れ方がいいです。

03:48 目が好き。

03:51 息継ぎの鳴り。どうしてもやっぱりこの音が好きで、全部意識が持ってかれます。

03:52 目が好き。カットが切り替わる直前の、アップの方。

03:52 ここからしばらくの腕と体の動きが大好きです。03:54と03:58で右手の指がくいっと空を掻くんですがそれがかなり好きで、心を鷲掴みにされました。

03:53 「闇を抜けて」の「て」がすごくきれいに伸びる音で、気持ちがいいですよね。ビームみたいな音。

03:59 目が好き。

04:01 「目背けずに」の「に」の音が、急に男らしい音になって好きです。その前の「光る朝に」の「に」よりも力が入ってる音がして、断然「目背けずに」の音の方が百倍くらい良いです。あと、首を倒すのも好きです。

04:02 ここの「いま」はめっっっっっっちゃくちゃに美しい音ですね。一番光が差している音、なイメージ。一番伸びやかという訳ではないのに、なんででしょうね。高級な音がします。

04:03 このカットは!!!!!手じゃなくて!!!!!!体が見たかったです!!!!!!!!!!!でもこの手も最高ですけどね。

04:06 「繰り返して」の「り」がこれまでに聞いたことのない「り」な訳ですが、この「り」の音が一番あんこ玉的な形をしてますよね。正確にいうと「くrlり」というような感じですが、あんこ玉っぽく感じるのは「l」の部分かな。他の球っぽいところはどちらかというとボールプールのゴムボールのような質感と質量なのだけれど、ここは中に詰まっていて重さがある感じ。すごく面白い音。

04:20 これまでにないくらいライオンっぽい感じ。急にガラッとするからかもしれないけど、優しい歌声の人からライオンの音がするのはとても好きなので、最後の最後にがっつり撃ち抜かれました。というか、機関銃で全身穴だらけにされました。好きです。

04:21 顔が好き。

f:id:tskmrso:20200810162219p:plain

 

長かったですね。全然進まないし再生ボタン押してもすぐ止めることになるので、書き終わらないかと思いました。

顔ファン撲滅委員会会員の方がもし読んでも、怒らないでください。顔は好きですが。歌もちゃんと好きですし。どちらかというと音が好きなので。

私は音楽の音はあまりわからないのでそこまで意識して聞いたことがありませんでしたが、好きな音だと思えたらもうそれは声聞いてる時と変わらないんですね。初めて知りました。まあ、歌も結局声だしね。そりゃそうだよね。

 

 

最後に好きな「水風船を抱えている姿」を載せて、おしまいにします。

 

f:id:tskmrso:20200810162621p:plain

 

この企画の影の立役者は、おそらく照明さんだと思います。画面がとても美しいので。