つきの徒然

アセクシャルな人間の日々の雑記

さっき見た夢

フランスに1人で旅行に行っていた私。

なぜか受付カウンター横の質問受付列に並んでいる。私の前には3人のおばあ様旅行客がいて、ホテルの用意しているタオル地の浴衣を借りていた。なぜか日本語対応だった気がする。

私の番。私が "When I want to walk this floor, what I wear 〜〜? Yukata?"と聞き、「なんでもいいんだよ」と後ろの日本人客が答えてくれた。英文もっと言いようあるやろ。現実ではもうちょい勉強してから行こうな。

そのままなぜかガラガラの受付に移動。私が何か発する前に受付表みたいなものが出てくる。丸くて可愛かったしいい紙だった。しかもめっちゃめちゃに日本語。項目全部日本語。助かるけどマジかと思った。ワクワクして書き込もうとすると隣から手が伸びてきて「所属」の欄に私の出身大学をサラサラサラ〜っと書かれてしまう。

えっやばいやつおるやん!!と思いながら「これは私の紙です!」と抗議すると、隣に立っていたのは大学の同級生。私の前に受付をしていたらしく、所属の欄を書き忘れた!と思い反射で私の紙を自分のものだと感じで書いてしまったらしい。やばいやろ。こんなとこに来てまで同級生に会うんかい、と嘆きながら、超タイプの顔をした受付のお姉さんにバリバリの日本語で「〇〇くんの受付表をもう一回出してもらってもいいですか?所属書き忘れたみたいで」と聞いてあげた。やさしい。

嵐が去ったので自分用の紙に向かって、諸々書き進めようとする。タイプのお姉さんが「このホテル高くない?てかフランス高くない?来れただけでもリッチだなぁって思うww」って半笑いで言ってくるから「がんばりましたww」って答えた。てか日本語しか出てこない。

書き進めるぞ〜と意気込んだものの、二つ目の項目「滞在期間」で悩む。隣の人に「2泊3日の場合滞在期間って3日ですか?2日ですか?」と絡む私。私もやばいやつだった。隣のお兄さんを見上げるとこれまた見知った顔で、「3日目もまだフランスにいるんだから3日じゃない?」と教えてくれた。てかお金貯めるの頑張れたんならもっと滞在できるように休みの交渉も頑張れ。フランスまで来て2泊3日ってどないやねん。金沢とかの感覚やんそれは。

海外旅行むず〜!てかなんでこの人たちにもこんなところで会うの?日本かよ。と思ったところで目が覚めてたので、フランスの何も見てない。しかも英語も冒頭のやばい文章だけ。私は本当にフランスに行っていたのか?ホテルの受付も大きい病院の待合室かってくらいガヤガヤしてたし。

旅行行きたいな〜〜〜〜!!!!!!!